美しさと健康への努力

アンチエイジングを目指すゆうこの毎日です

肌の弱い人の髪染め

肌の弱い人は何かと不便ではないのか? と思う時は多々ありますよね。

実際に私自身もそうですが、肌が弱いせいで髪の毛を染める際にヒリヒリとした痛みを頭皮に感じてしまった事もあります。
勿論自宅での染髪なんか出来ません。”低刺激性のヘアカラーです”と売られていても怖くて使えないと感じてしまう部分があるからでしょう。
けれど、今は未だ白髪などが気にならない年齢層で、特にヘアカラーを強いられる事は無いのですが、遺伝などを考えるとこれから10年と時が経過すれば間違いなく白髪が生えてくるものではないのかと思えます。
そうなれば、やはり髪の毛を嫌でも染めなくてはいけません。白髪があるだけで+5才+10才ほど老けてしまうとも言われていますね。
それは女性にとって死活問題と言えるでしょう。

そんな時どんな白髪染めを選べば良いのでしょうか? 出来れば、安全な白髪染めを使用したいなとは思えますが、どのようなものを選べば良いのか分からない部分はありますよね。そんな時に使用をすると良いと言われているものを優先的に考えると、肌への影響を配慮していることは当たり前、つまりは頭皮に対して刺激の少ないものです。
そのうえで、なるべく効果を長く続かせる耐久性と必然的に使用回数と使用量を少なく抑えてくれるものが、肌に優しいものなのではないのかと考えらますね。
やはり白髪染めといっても本当に様々なものがネット市場でも売られていますが、本当に肌に優しいものはコレ! と完全に言い切れるものではありません。
やはりレビューを見たり、使用感などの説明をよく読んで調べてから注文をした方が好ましいのではと思えます。
未だ自分自身も白髪が本格的に生えるまでの猶予はあるものですが、その間までによりよい肌に優しい白髪染めが出ないかと期待をしています。

月, 2月 10 2014 » ヘアケア