美しさと健康への努力

アンチエイジングを目指すゆうこの毎日です

アソコの白髪

40代を過ぎて頭髪の白髪も多くなってくると同時に、陰部の方も白髪ってどうしても生えてくるものらしいです。

やはり白髪や老化は仕方の無い部分もある問題かも知れませんが、白髪に対する都市伝説で抜いてしまうと更に白髪が増えてしまうとも言われて居るそうですね。
けれど、正直その噂が何処までが本当かは分からないものですが……毛を抜くことによって毛細胞が強い刺激を受けて太い毛へと変わってしまうとも言われて居るようでその部位が白髪だったとしたら尚更目立ってしまうような気さえもしますね。
また、この時期というとどちらかというと減退期にも入るもので段々と体毛が薄くなり始めるもので抜いてしまったらもう毛さえも生えないのでは? とも言われて居るそうです。

こういったアソコの白髪、染めてしまえば問題は無いのでは? これで恥ずかしくもなく銭湯や温泉旅行に出かける事が出来るのでは? とも思えてしまいますが
実際陰毛を染めるのはかなり危険のようです。
経験者の話によると、染まるにはちゃんと染まるそうですが「かなり染みる」とのこと。
確かに陰部というと粘膜のある部位でもありますし、皮膚も薄くてデリケートな部位だとも言われてしますね。
また頭髪と違い、やはり部位的にもデリケートには違い有りませんので頭髪用の白髪染めでは刺激が強いのではと思えてしまいます。
そう考えると、安全に陰毛の白髪を染める方法は有るのか? とちょっと気になってしまうものです。
実際ネットなどで調べてみたものの「ヒリヒリして痛かった」という経験談しか無くて、染める方法はなかなか表示されていませんが、もしも見つけ次第また手法などを更新をしていきます。

水, 4月 16 2014 » ヘアケア » No Comments

ブラッシングが美髪を作るミソ

ブラッシングとうと誰でも1日におよそ2回しているのではないのかと思えます。

まず朝起きてのセットに。そして入浴後髪の毛を乾かす時に。恐らくこの2回が普通に行われてるブラッシングではないのか? と思えます。
けれど、最近私自身も知ったコトですが、ブラッシングに力を入れる場面。
これは、入浴前がベストとのことです。つまりそう考えると1日3回計算になりますね。

けれど、これがどうして美髪に? と、思えてします事ではないですか?
この単純な理由ですが、まず第一の恩恵としてはブラッシングを洗髪前に行うことによって余計なホコリを落とす他、髪の絡まりをしっかり取り除けるので、洗髪後髪の毛を乾かしてる最中に毛が絡まって……という事を防げるそうです。
そして第二の恩恵は血行の促進効果。これがブラシの毛先によって頭皮が刺激をされ血行が促されるそうです。
そう考えると、ブラシはブラシでも獣毛のものや植え込みがゴム状態になっているクッション性の高いものを使用した方がベストなのでは? と言われて居るそうですよ。
また、獣毛のブラシは髪と同じタンパク質成分で構成されているので、摩擦が起こりにくく髪を傷めにくいとも言われて居るそうです。
総合的に考えると、ブラッシングは頭皮の健康にも役立つのでは? というふうにも考える事も出来ますね。

最後に白状しますが、これら入れ知恵は全部担当して貰っている美容師さんから聞いた話です。けれど、とても為になりそうですね! 是非美髪維持の為、美髪目指しの為にもブラッシングに着目をしたヘアケアをしていこうと思えます♪

日, 4月 13 2014 » ファッション » No Comments

髪の毛が臭い

段々と温かい季節にもなって桜も咲き始め、どこか嬉しい気持ちになる季節でもありますが、ニオイも段々と気になる嫌~な時期に突入するものです。

人間の臭い場所というと様々あると思いますが、実は髪の毛が臭いなんて事も無いですか?
流石に焼き肉に行って煙草を吸ってと帰ったその日は頭が臭いなんて思う事もあるものですが、そういったものではなく通常にケアをしていしっかり髪の毛を洗っているのにも関わらず髪の毛が臭いなんて思った事は無いでしょうか?

そんな方こそ是非1度思い出して頂きたいと思うのが、洗髪後のケアです。
濡れ髪を放置していませんか? 髪の毛を乾かさないまま寝てしまっていませんか?
実はこの髪の毛をドライヤーで乾かさないこと、これが災いして髪の毛のニオイを引き起こしてしまっている可能性がありうるそうです。
湿気というものはウィルスなどが嫌うものだとしても、雑菌やカビは湿気が大好きですよね?
つまり簡単に説明をしてしまうと濡れた髪の毛を放置してしまう事によって雑菌やカビが繁殖しニオイの要因となってしまう事があるそうなのです。
髪の毛に雑菌やカビというと思うだけでゾッとしてしまいますよね。
また影響を及ぼすものは髪の毛だけではなく髪の毛に最も近しい部位というと皮膚ですね。
雑菌が繁殖した髪の毛が顔などの皮膚につくことによって、吹き出物やニキビの悪化などといったことも充分に考えられる問題だそうです。
これで「怖い! 嫌だ!」と思うようでしたら、ちゃんと洗髪後は面倒であっても髪の毛をしっかり乾かすように心がけた方が良いと思えますよ。
女性でも臭う髪の毛より、いい香りのする髪の毛の方が良いですね。
普段から心がけて行くことが大事だと思えます。

金, 4月 4 2014 » ヘアケア » No Comments

髪の毛のアンチエイジング

年齢を重ねるごとにやはりどこかしら「衰え」を感じたりするものですが、女性の中で最も気になる部分といったら何と言っても肌ではないでしょうか?

そうなるとやはりアンチエイジング特化の抗酸化作用のある化粧品を使ってみたりなどするのでは? と、思えます。
けれど。ご存知でしょうか? 実は肌以上に「この人年齢よりもちょっと老けてるな~」と思ってしまう部分があるのです。それが以外にも髪の毛のようです。
しかし髪の毛の老化というと、男性で言うとハゲを連想してしまうものですよね。
そうなると女性でも男性のようにツルツルにハゲてしまうのか? というえばそうでは無いものですが、やはり女性の抜け毛や薄毛に至ってしまうという事実があるそうです。

けれど、まずその初期段階として考えられるケースとしては、髪の毛がやせ細ってしまうところから始まるとも言われて居るそうですね。
髪の毛が痩せるといってもイマイチピンとこないものかもしれませんが、段々とトップス部分のボリュームが低下し、ぺったりとしてつむじ周辺の地肌が見えてしまう事があるそうです。これが起こってしまうと、もうその時点で「プラス3才・5才」と年齢が高く見えてしまうそうです。
そう思うと、ちょっと不安になってしまうものですよね。
しかしこれは”初期段階”という事を忘れないでください。初期段階というと、まだまだ改善の余地がある問題でもあります。
そこで育毛剤を用いたケアを行ってみたり、普段の生活習慣の改善といった原因をカットしフォローする方法を用いていけばまだまだ復活の兆しもあるものです。
やはり、長い友と書いて髪の毛。長く付き合うものには違い有りません。
いつまでも若々しいという事は女性にとっての永遠のテーマですね。
肌のケアのみならず、アンチエイジングには髪の毛のケアも着目してみてはいかがでしょうか。

水, 3月 26 2014 » ヘアケア » No Comments

女性でも髪の毛が抜ける本当の理由

抜け毛・薄毛というと基本的には男性独特のお悩みだと思えるものですが、女性でも夏の終わった秋口になる頭皮の紫外線ダメージによって大量に抜け毛を起こしてしまう他、季節を問わずとも抜け毛を起こす事があるそうですね。

実際に私自身も1度過度な抜け毛に悩まされた事もあり、『どうして女でもこんなに抜け毛を起こすものなのか?』と不安になってしまった事がありました。

けれどそれにも様々な理由が隠されているそうです。
その理由について幾らか簡単に説明をしていきましょう。

まずは、ホルモンバランスの影響によるものです。
この例としてあげられるものは妊娠出産をひかえる20代~30代の方、あるいは閉経期を迎える50代ほどの更年期の層の方によく見られる傾向があるそうです。
前者である妊娠出産という場合は、ある一定期間をおけば元に戻る事もある問題ですが、後者の場合は老化の要因も重なってしまい、改善がなかなか難しいとさえ言われて居るそうです。その為に出来るケアとしては、育毛剤を用いて直接的に頭皮に栄養を与える他地肌マッサージを行うなど日常的なケアもとても大切になるのではないでしょうか。

また、やりすぎたヘアケアも抜け毛の要因となってしまうそうです。
これは自分自身が実際に経験したケースですが、女性というとオシャレをしたいという意志から髪の毛を染めたりパーマをかけたりヘアセットをしてというふうに様々なケアをするものだと思えますね。しかし頻度が多すぎれば多すぎる程に確実に頭皮へのダメージが高まるものです。主にカラーリングやパーマといったものも頻度をわきまえないと取り返しのつかないものへとなったしまう事があります。
折角オシャレをしようと思ってしている事なのに非常に皮肉に思えてしまいますよね。
やはりそう思うと、頻度を弁えたケアがとても大事なのではと思えます。またカラー剤やパーマ液といったものは、美容室で負担の少ないものを選んで貰う事がベストなのではないのかと思えます。

日, 3月 23 2014 » ヘアケア » No Comments

乾燥した季節の髪の毛のパサパサ

もう3月に入って、季節的にもそろそろ春だな~と感じるようになってきましたが、未だ寒い日や乾燥した季節が続いていますね。

そこで、私自身も最近気がついた事ですが、冬場からこの春先にかけての季節……夏場よりも髪の毛がダメージを負いやすくてパサパサキシキシとしていないか? と思ってしまったのです。と、いうのも自分自身の髪の毛もまさにコレ状態なのです。
そこで原因を探って見たところ、やはりこの季節性のものも関与していると考えられているそうです。その要因とはやはり「乾燥」
この乾燥した季節と言うと、肌は乾燥しちゃう! と思えるものですが、頭皮も1枚の皮膚であって肌には違い無いので、頭皮が乾燥してしまう事によってぱさついた髪の毛、綴じかかりやすい髪の毛が出来てしまうのでは? 髪の毛の水分が低下してしまいそれによってパサパサが起きてしまうのでは?と考えられているそうですね。

そこで見直したいものというと日常的なケアです。中でも洗髪。これが深く関わって引き金になってしまっているのでは? と、考えられているそうです。
まず、高温過ぎるお湯で髪の毛を洗っていないか? という点です。確かに温度の高いお湯で前洗いを行う事は皮脂汚れの除去にとても良いとされているものですが、シャンプーすすぎでもトリートメントでも水温を変えず高温のまま。これはあまり良いとされていないそうです。その簡単な理由としては、お湯は必要な皮脂などといった潤いを無くしてしまう事も考えられているからだそうです。それによって頭皮が乾燥……これでは元もこうも無いものですね。まず水温には注意をする事も必要に思えます。
また、それだけではなく、髪の毛の洗いすぎにも注意が必要だと言われているそうです。頭をさっぱりさせたいと髪の毛を2度洗いする人も中には居るそうですが、やはり洗いすぎというのも必要な皮脂さえも奪い潤いを逃がしてしまうそうです。

やはりこの点などを考えると、乾燥が気になるぱさつきが気になるという人の洗髪でのヘアケアも適度という事が一番大事なように思えますね。

金, 3月 14 2014 » ヘアケア » No Comments

美容師さんの間でバカ売れしてるドライヤー

髪の毛の専門家というと、美容師さん。

そんな美容師さんに「これいいよ」「あれいいよ」「こういう事をするといいよ」といわれるとTVで見た情報や、友人ずたいに聞いたヘアケア方法よりも妙に納得出来てしまう部分もあって両手離しで信用出来てしまいますよね。実は割と私もそういうタイプです。
そんな美容師さんオススメのヘアケア商品や機器であれば間違いナシ! と思ってしまってもおかしくない事ではないでしょうか。

さて、そんな髪の毛の専門家の美容師さんたちの間で大ブームを起こしているものがあるとのことです。
それがとあるドライヤーのようで、実際に最近美容院に行って仲がよい担当の美容師さんにその情報を聞きましたが「知ってるし持ってる」と大笑いをされました。
というとこの情報は本当のようで、かなり売れてるというのが分かりますね。
そのドライヤーこそが、ハリウッドドライヤーという商品で名前とは裏腹に安心と安全の日本のメーカーのものだそうです。
ちょっと値段が張ってしまうところがたまにネックだそうですが、スイッチ一つでマイナスイオンを出せるとのことで髪の毛の潤いを逃がさないで乾燥をさせる事が出来るそうです。しかしマイナスイオンドライヤーというのも多数出回っていてこれといって別に珍しいものでもなんでも無いように思ってしまいますよね。
けれど、それだけではなく、髪を乾かす時どうしても頭皮が熱風によって熱くなることを感じますが、このドライヤーにはそういった事が全く無いとのことです。
ちょうど自前のを持っていると、その時に実際にドライヤーを使って貰いましたが確かに全く頭皮が熱くなりません。
確かにこの「熱」によって頭皮にダメージを与え髪の毛を萎縮させてしまうという事もあるそうなので、健康的なキレイな髪の毛を作る為であればドライヤーも視野にいれるべきんだなと思えました。

土, 3月 8 2014 » ヘアケア » No Comments

体内からの育毛

薄毛・抜け毛のお悩みというと、男女問わずに近年非常に多いお悩みの一つだと言われているそうですね。確かに、ちょっと前まではフサフサでボリューミーだったのに、ボロボロと毛束が抜けて……と考えるとゾッとしてしまう問題です。

そんな抜け毛を改善するために真っ先に思い浮かぶ方法というと「育毛剤での頭皮ケア」では無いでしょうか。
しかし、http://www.18awc.com/で育毛剤が全く効果が無かったという驚愕の事実を告白していた方も居ました。そう思うと、育毛剤なんか使っても効果はあるの? と、半信半疑になってします問題ではないのかと思えますよね。

けれど、育毛剤も使い方によってはちゃんと効果を発揮してくれるそうです。
育毛剤というと「毛の生える薬」だと勘違いしている方が多いそうですが、事実は毛を生えやすくする為の補佐・栄養補助といして頭皮に直接的に働きかけるようなものです。
つまりは育毛をしたい! と考え育毛剤だけを使ったケアをしても効果がなかなか表には出ないものです。と、なると何が大事なのか考えるとやはり生活習慣など体内に特化した育毛ケアも同時に行う事がベストなのではないのかと察する事ができますよね。
つまりいくらいい育毛剤を使っていたとしても普段の生活があまりにも乱れているようでは、全く効果を出してくれないと考えても間違いでは無いと思えます。
そう思うと、大豆イソフラボンや亜鉛、カプサイシンなど髪の毛の育毛に良いといわれる食品の積極的摂取などもとても大事なのではないのかと思えますね。
それ以外でも、けれどやはり「何をやってもダメ」という場合はAGEのお医者さんに相談をしてみることも良いのではないでしょうか。
事実お医者さんに相談をしてフィナロというお薬で髪の毛が生えるようになってきたといった方も居るそうです。

土, 3月 1 2014 » ヘアケア » No Comments

炭酸水で髪の毛を洗うケア

ヘッドスパに通ってみたいけど1度にかかる費用がちょっとお高め。けれど、髪の毛を健やかに健康に保ちたい! そう思う方は是非自宅で手頃な炭酸スパを是非お試ししてみては如何ではないでしょうか?

炭酸というと半年ほど前にTVのあるある大辞典でも放映をされてその後一気に炭酸ブームを引き起こしたものですが、ネットサイトのNEVERなどのまとめや美容・健康を題材にしたサイトなどでも多数取り上げられていますのでそれらを参照にしてみることも良いでしょう。しかし何故髪の毛や頭皮に炭酸が良いとされているのかについてはまず理由としては、気泡が汚れを包んで落としてくれるという点と、炭酸の刺激によって頭皮の血行が促されるという点があるそうです。
また、炭酸水(無糖のお酒などを割るようなもの)というと酒屋や100均などでも売られている程で1本あたりかなりリーズナブルな値段で購入が出来るものですよね?
そうおもうと、割と手軽に用いりやすく簡単にできるのではないのかと思えます。

まず購入して頂く銘柄は何でも良いそうですが、とりあえず砂糖などを一切含まない、水二酸化炭素だけのものを購入しましょう。
その炭酸を用いて頭皮を濡らしますが、およそ500mlのペットボトル1本でセミロングほどの長さは濡らせるようなので、ロングの方は2本ほど用意しておいた方が良いそうです。その後揉むようにマッサージを行い、頭皮に暖かみを感じるようになったらシャンプー→トリートメントと普段通りのケアを行っていくそうです。
割と簡単にできる事なので是非実践してみてはいかがでしょうか。

実際に私自身もこの手法の自宅ヘッドスパを毎週行っていますが、確かに指通りもなめらかになり芯のしっかりした健康毛が生えやすくなります。
また乾燥した季節というとフケがでやすいものですがフケがかなり軽減されるものです

土, 2月 22 2014 » ヘアケア » No Comments

肌の弱い人の髪染め

肌の弱い人は何かと不便ではないのか? と思う時は多々ありますよね。

実際に私自身もそうですが、肌が弱いせいで髪の毛を染める際にヒリヒリとした痛みを頭皮に感じてしまった事もあります。
勿論自宅での染髪なんか出来ません。”低刺激性のヘアカラーです”と売られていても怖くて使えないと感じてしまう部分があるからでしょう。
けれど、今は未だ白髪などが気にならない年齢層で、特にヘアカラーを強いられる事は無いのですが、遺伝などを考えるとこれから10年と時が経過すれば間違いなく白髪が生えてくるものではないのかと思えます。
そうなれば、やはり髪の毛を嫌でも染めなくてはいけません。白髪があるだけで+5才+10才ほど老けてしまうとも言われていますね。
それは女性にとって死活問題と言えるでしょう。

そんな時どんな白髪染めを選べば良いのでしょうか? 出来れば、安全な白髪染めを使用したいなとは思えますが、どのようなものを選べば良いのか分からない部分はありますよね。そんな時に使用をすると良いと言われているものを優先的に考えると、肌への影響を配慮していることは当たり前、つまりは頭皮に対して刺激の少ないものです。
そのうえで、なるべく効果を長く続かせる耐久性と必然的に使用回数と使用量を少なく抑えてくれるものが、肌に優しいものなのではないのかと考えらますね。
やはり白髪染めといっても本当に様々なものがネット市場でも売られていますが、本当に肌に優しいものはコレ! と完全に言い切れるものではありません。
やはりレビューを見たり、使用感などの説明をよく読んで調べてから注文をした方が好ましいのではと思えます。
未だ自分自身も白髪が本格的に生えるまでの猶予はあるものですが、その間までによりよい肌に優しい白髪染めが出ないかと期待をしています。

月, 2月 10 2014 » ヘアケア » No Comments